ブラックリストとは

「ブラックリストに載る」といった言葉を聞いた事あると思いますが、正確にはブラックリストといった物は存在しないみたいです。
なんか勝手なイメージでは、要注意人物専用のリスト(もちろん黒色の…)があるって感じがするんですが、そうではないそうです。

 

ではブラックリストとは、どういった事なのかと言えば、「ブラックリスト=信用情報」といった意味合いになるんです。

 

金融機関などでお金を借りて返済が遅れたり、返済せずにそのままにしている。このような情報は、全て信用情報機関に登録されるようになっているんです。

 

信用登録情報機関に登録される事により、要注意人物として扱われるようになり、金融機関のローンなどが組めなくなる可能性があるんです。巷では、このような状況になった時の事を分かりやすく、ブラックリストに載ったと言うようになったんです。

 

なので、実際にはブラックリストといった言葉は無いみたいです。まぁ、何にせよ、信用情報機関に載ってしまうと、ローンが組めなくなるなど生活していくうえで支障が出てくるようになるので気を付けなければなりません。

 

 

どうしたらブラックリストに載るのか?

信用情報に金融事故として取り扱われてしまう理由の多くは、金融機関から借りたお金(ローンなど)の返済が遅れる方が一番多いような気がします。

 

返済の延滞・滞納をする事により、金融事故として信用情報に掲載されます。すなわちブラックリストに載ってしまうという事になります。

 

ただし、返済に1日遅れたからといって、すぐにブラックになってしまう事はないので安心して下さい。状況によっては、返済日を忘れてしまうなどといった時もあると思います。また、体調がすぐれず返済に行けない…なんて事もあるでしょう。

 

1日過ぎてしまった事により、ブラックに載ってしまうのはさすがに酷ですよね。なので、1日から数日遅れるぐらいでブラックに載ってしまうといった事はそうそうないと思います。

 

では、どれぐらい遅れるとダメなのかと言えば、3か月が目安と言われているみたいです。3か月以上連続で返済が滞ってしまうと、ブラックに載ってしまうみたいですね。ただし、あくまで目安なので確実とは言えません。

 

例えば、2か月の延滞を何度も繰り返していたら、3か月ではなくてもブラックになってしまう可能性もあります。ハッキリとした答えが無いので、確実なのは返済日にしっかりと返済しておく事が間違いない答えだと思います。

 

 

ブラックになったらどうなる?

ブラックリストに掲載されると、住宅ローンやマイカーローンなど金融機関でローン利用する事が出来なくなります。カードローンなどお金を借りる事も出来ません。また、クレジットカードの発行をする事も出来ません。

 

金融事故を起こし、信用情報機関に登録されてしまうと、ブラックとなってしまった原因のローンだけでなく、他の全ても利用する事が出来なくなってしまいます。

 

しかも、今現在言われているのは、一度ブラックになてしまったら約5年間は信用情報がクリアされることが無いみたいです。5年間も他のローンなど組む事が出来なくなるのできついですよね。

 

今後先々の事を考えて、ブラックにならないように気を付けなければなりませんね。

 

 

お金を借りるなら

お金に困り、カードローンなどでお金を借りるなら、利用前にしっかりと返済計画を立ててから借りるように心がけましょう。

 

借り入れ※即日借入可能な銀行・消費者金融を徹底比較

 

こちらのサイトを参考に、どこで借りるのがいいのか比較して、自身に合ったところを利用するようにしましょう。